脱毛中に妊娠してしまったら…?

妊娠中に脱毛エステで脱毛をしようと思っても、大抵は断られてしまいます。
胎児に悪い影響があるから断られるのかと思ってしまう女性も多いと思いますが、そうではありません。
では、なぜ断られるのか気になりますよね。

 

妊娠中は、脱毛の効果をしっかりと実感されないために施術を断られるのです。
そして妊娠中は通常の体ではないので、お肌も敏感になっています。

 

妊娠中はホルモンバランスが乱れているために、お肌が黒ずんできて、そのせいでやけどをしてしまったという方も、中にはいらっしゃいます。
そうなってしまうと、すべてエステやクリニックの責任となってしまうので、それを避けるためにも妊娠中の方には施術を行わないそうです。

 

これから脱毛エステに通おうと思っていた方であれば、行かないことにすればいいですが、もし脱毛エステんび通っていて、残りの回数もあるという方はどうしたらいいでしょうか?
もし妊娠と脱毛期間がかぶってしまった場合は、すぐにエステやクリニックに相談しましょう。
早く脱毛の効果を実感したいからといって、妊娠中だということを隠して通い続けることは絶対やめましょう。

 

妊娠中はホルモンのバランスが乱れてしまうので、毛周期も乱れがちです。
しっかり相談して、産後に通って脱毛を完了させるようにして下さい。

 

もしものために、休会制度があるエステやクリニックを選んでおくことも大切です。
若い方はあまり気にすることはないと思いますが、女性は妊娠する可能性が誰にでもあります。

 

脱毛をお休みする期間は、カミソリやシェーバーでお手入れをして置くようにして下さい。
毛抜きで抜いてしまうことは決してしないで下さいね。
また、妊娠中のお肌にも安心な保湿剤での保湿も忘れずに行って下さい。