ほくろに照射はとっても危険!!脱毛エステ

低価格になり、誰にでも手を付けやすくなった脱毛エステ。
敷居が低くなったので、通いやすくなりましたよね。
しかし、低価格になり、数多く脱毛エステが出てきている中で、スタッフの教育や指導などがきちんと行われず、施術後にトラブルになっている方も多くいます。

 

自分の肌に施術をしてもらうのだから、しっかりと知識のある脱毛エステで施術をしたいという方も多いのではないでしょうか?
もし脱毛エステ選びを間違ってしまい、ミスがあると取り返しのつかないことにつながる可能性がたくさんあることを、皆さんに覚えておいて欲しいと思います。
決して値段で選ばないで下さい。

 

まず、光脱毛で当てられるフラッシュですが、これは可視光線、赤外線です。
これを照射することで毛根に熱を発することによって、ムダ毛の成長を抑えるものです。
メラニン色素が濃く、黒い部分に反応するようになっているので、ほくろやシミ、あざ、そばかす、傷、日焼け後のお肌には照射出来ないことになっています。

 

もしこのような場所、特にほくろに間違って照射してしまった場合はとても危険です。
必ずなってしまうということではありませんが、黒色メラノーマという皮膚がんを発症してしまう場合もあります。
絶対にほくろがある部分に照射してはいけないのですが、慣れていないエステティシャンに当たってしまうと、このようなミスを行ってしまう自可能性があります。

 

ガンを発症してからでは遅いので、脱毛エステを選ぶ際は決して料金だけで選ぶことはせず、口コミをしっかりチェックして実際に体験コースなどを受けてみることをおすすめします。